@SOHO

@SOHO

@SOHO

SOHOは、個人事業主や法人としての小さい会社設立が多く、自宅を事務所に小規模オフィスを作って、ビジネスしているのが特徴です。
自宅がオフィスになるので、受注する側も受注される側も、ある程度コンピュータースキルが必要で、電子メールでのデータのやり取り、情報収集など、IT活用中心の仕事になります。

 

SOHOの仕事を専業にしている場合の仕事内容はシステム設計、プログラミング、製図、ホームページ制作など、専門職が多いですが、副業的に考えている人は、作業的な仕事内容が多く、文書作成、データ入力、デープおこしなどです。

 

仕事確保については、仕事を生活していくための専業として考えている人とただ単に副業として考えている人とで大きな違いがあります。
専業と考えている人は、営業中心に仕事確保に積極的ですが、副業的に考えている人は、SOHOなどで仕事を請け負うという能動的姿勢の場合がほとんどです。

 

長年勤めていた会社を退職して独立、小さい会社を設立しSOHOとしてスタートする人は少なくないですが、専業と考え生活していくためには、困難がつき物です。
スムーズな独立、会社設立には在職中の仕事を請け負うという形が一番いいです。
そのためには、会社円満退職が良く、在職中の信頼関係形成が欠かせません。

 

仕事の傾向は、ビジネス経費が\0、又は、少経費で済みますが、営業コストがかからない分、もうけも少ないです。
仕事の単価が低く、発注した仕事のクオリティーには安定性がなく、質が良いものから悪いものまでさまざまです
それは、仕事に対する取り組み方に大きな違いがあるからです。
お小遣い稼ぎの副業としている女性の割合が多く、プロ意識があり専業として高いスキルがある人とでは、格差が大きく仕事の質の差になって表れます。
仕事を依頼する方も仕事についてよく分かっていない人が多く、SOHOに仕事を発注する場合は、通常価格よりも低くなってしまいます。