総量規制に気をつける

総量規制に気をつける

総量規制に気をつける

カードローン選びのポイントに総量規制対象外なのか、そうでないのかを考えるのかも大事なポイントです。
総量規制が対象になっているカードローンを選ぶと、借入合計額が年収の3分の1以上借りることはできません。
総量規制対象のカードローンは年収の3分の一1借りたい人、おまとめローンを考えている人にはあまり向かないカードローンです。

 

もし、そのようなカードローンを選んでしまった場合、他社にカードローンを申し込むことができません。
そう考えると、総量規制は、カード選びの重要なポイント選びになります。

 

将来、おまとめローンなど、大口融資を検討している場合は、総量規制対象外の借入限度額が大きいカードローンを選びましょう。
このことを考えに入れないでカードローンを選ぶと、総量規制以上の金額を借りることができないので、いざという時はホントに困ることになってしまいます。

 

余裕のある限度額が設定されているカードローンを選びましょう。
そうすれば様々な使い道ができ、いざというときにも安心です。

 

今はカードローンが人気で様々な種類のものがあるので、借入限度額が大きくて審査が早くおり、即日融資されるカードローンがたくさんあります。
自分のライフスタイルにあったカードローンを選ぶことがベターです。

 

ちなみに総量規制対象のカードローンのメリットがあるとすれば、借入額にセーブがかかることです。
また、小口融資に適しています。
ついつい借りすぎて、利息額も増えて困るという人は、総量規制対象のカードローンを選ぶのも一つの方法です。
この規制のおかげで、サラ金の返済に困るサラリーマンの数は減り、安心してローンができるようになりました。