賢い返済計画の立て方

賢い返済計画の立て方

賢い返済計画の立て方

借入金やローンは毎月に一定額ずつの返済をしていきます。返せるときに返せるだけでというような契約はなく、当初に契約したとおりの金額を定期的に支払っていきます。借入れを行った個人事業主がこれを実現していくためには、まずは収益を得るための事業そのものの計画をしっかりと立てておく必要があるでしょう。個人で事業を営んでいる人の中にはあまり細かい計画を立てずにおおまかな計算だけで商売をしている人も多いでしょう。しかし、借金の返済を伴う経営であればそういう姿勢は好ましくありません。

 

事業計画を立てるのは慣れないうちは手間と時間がかかるかもしれませんが、決して難しいことではありません。例えば返済金額がある程度の範囲で決まってしまうようであれば、それに合わせて事業の計画をプランニングしてもよいでしょう。最終的にいくらの返済を行うために、いくらの利益を得る必要があるのかを考え、そのために必要な売上の金額を割り出します。売上の額を適当な期間、1日だったり1週間だったり区切り、それを実現するためにはどれくらいの営業活動や宣伝活動、そして実際の業務を行わなくてはいけないのかを考えてみます。このときに、例えば1週間くらい寝ないで働かないと得られないような売上が必要だと計算されたならば、その計画はどこかの段階で無理があるので実現するのは不可能です。

 

また、実現の可能性が高いような事業計画とは、一定レベル以上の余裕を持った計画だとも言えます。どんなビジネスでも不測の事態というのは起きるので、たとえばある月だけ急に売上が落ち込んだとしても返済が続けられるような状態が望ましいので、毎月の利益から返済したうえで対象の余剰金が出るようしておきましょう。賢い返済計画とは、上手にやりくりをし続けることではなく、事前に事業計画をしっかりと立てることで始まるものなのです。