低金利で融資を受けるには

低金利で融資を受けるには

低金利で融資を受けるには

個人事業主をはじめとした中小零細の事業者にとって資金調達の見方になるのが日本政策金融公庫です。ここではさまざまな形の融資の仕組みを用意していて、開業から一定期間だけ利用できるものや、設備投資に限って利用できるものなど、事業者の状態やビジネスモデルなどに合わせて選択できるようになっています。

 

日本政策金融公庫を利用する際に何よりも魅力になるのは低金利でお金を借りられるということであり、事業者としての体力がまだ高くないうちには返済の計画も立てやすい借入先だと言えるでしょう。融資の仕組みやサービスの内容によって違いはありますが、なかには1パーセントを切るような金利の設定で、個人事業主に対して貸し出してくれる場合もあり、通常の比較的に高い金利設定であっても3パーセントくらいが不通です。

 

その他に低金利でお金を借りられるのは、地方自治体による制度融資を利用するという方法であり、この場合は、民間の金融機関から借りるときの金利の一部を自治体が負担してくれることによって、実質的に借りた側が負担する金利が安くなるというものです。審査が何重にもなることによって手間と時間がかかるのが難点ですが、必要があれば検討してみても良いのではないでしょうか。

 

そして、おそらく最も低金利でお金を借りられるのが身内を頼るという方法で、家族間の関係性にもよりますが、普通は無利子で貸してくれます。ただし、身内からの借入れは返済に対して気が緩んでしまうということが多く、なかなかお金を返さないことによって人間的な関係性に問題が生じるということも少なくありません。むしろ外部からの融資を受けるとき以上に、気を引き締めて当初の約束を全うするようにした方が良いでしょう。