借り換えを使う

借り換えを使う

借り換えを使う

カードローンを選ぶときは、どんなことをポイントに選んでいるのかは人によって様々だと思いますが、借り換えのときは、どのようなことをポイントにして選べばいいのでしょうか? 
ローンが1つだけ、あるいは数個だけなら金利の計算もしやすく、利息の合計額も計算しやすいですが、気がつけは何ヶ所にもローンがあり、ローンを1本にまとめたい場合のポイントは何でしょうか? 

 

おまとめ、借り換えローンを選ぶときには、いくつかポイントがあります。
今の時点で何社にローンがあり、ローン合計額がいくらになるのか計算して、借り換えたい金融機関の限度額内なのかを把握することが大事です。

 

また、何故1本にまとめ、借り換えたいのかを考え、目的をはっきりさせてみるのも大事です。
多くの人はローンが一つにまとめると、利息総額が安くつき得だと考えてのことですが、このことは一概に得だとも言い切れません。

 

今までの預け入れ先が、銀行、信販、消費者金融など預け先の金利や預け入れ期間、あと完済できるまでに、どのくらいの期間なのかで違ってくるからです。
だから、おまとめ、借り換え後のシュミレーションを必ず行ないましょう。

 

おまとめ、借り換え先の金融機関での返済シュミレーションを行なうことも大事です。
おまとめ・借り換えの目的が、とにかく早く完済したい、利息総額を安く抑えたい場合は返済額は大きくなりますが、毎月の支払額は多めに設定しましょう。

 

借り換え先の金融機関を選ぶときも重要です。    
ゆとりを持って返済できることを考え、返済期間が長めに設定できるように低金利のローン会社を選ぶことが大事です。

 

このように、今のローンの現状と借り換え主旨を考えてみることによって借り換えを重要視するポイントがはっきり分かってきます。