総量規制とは

総量規制とは

総量規制とは

カードローンを利用することで、必要な時にお金を借りることができます。
とても便利ですので、利用する人も増えています。
しかしカードローン利用する場合、注意する点もあります。それが総量規制です。

 

■カードローンにおける総量規制

 

カードローンを利用する場合、総量規制についてよく理解しておいてください。
総量規制と言うのは、カードローン利用者に対する過剰貸付を防止するために規定されたものです。
この規制では、利用者は年収の3分の1を超える借入ができないようになっています。
例えば年収300万円の方であれば、総量規制の規定によって100万円以上の借入はできなくなります。
この規制を知らないで借入の申込みをする人もいますので、まずは制度をよく理解するようにしてください。

 

■総量規制の内容について

 

2006年12月に貸金業法が成立しましたが、金融機関のシステム対応の準備期間のため段階的に実施されていました。
その後2010年から、総量規制と言った重要部分を含む規定が完全施行されることになりました。
総量規制の対象になるのは、クレジットカードを利用して借入をする場合です。
この場合年収の3分の1を超える借入はできませんが、クレジットカードを利用したショッピングについては貸金業法の対象外になります。
そのためショッピングの場合は、たとえ年収の3分の1を超えた借入が存在していても、クレジットカードでの買い物は可能です。
また総量規制の規定は貸金業者からの借入が対象になっていますので、銀行からの貸付は対象外になります。
そのため銀行などからの借入を合わせた額が年収の3分の1を超えても、すぐに総量規制に抵触することはありません。
さらに銀行のカードローンも総量規制の対象外です。