個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット

個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット

個人事業主・フリーランス・SOHOのメリット/デメリット

個人事業主やフリーランス、SOHOなどという呼び方がされる1人で行うビジネスの形態は昔からあるものですが、呼び方はどうあれその最大のメリットは、自分自身の自由な裁量によって業務を遂行していけるということでしょう。どのような仕事で稼いでいくのか、プライベートとのバランスをどのようにしていくのか、全てが自分の自由な考えて決定していけるのが一番の魅力です。

 

また、通常は自分の好きなことややりがいを感じられることを仕事にしていきますから、業務におけるモチベーションも高く維持でき、やりたくもない仕事に縛られるようなことも少なくて済みます。会社に勤めていると自分の意思とは関係のないところで担当の業務が決められることもあるので、それと比べたらとても大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。好きな仕事をやって食べていくことは、サラリーマンの多くが憧れる働き方です。

 

しかし、一方で個人事業主やフリーランスには、その形態によって考えられるデメリットがあることも事実です。例えば、どうしても日本における商慣習では、ある程度の規模を持った法人と契約したがる人や組織もあり、そんな存在を顧客にするのが少し困難になってしまいます。また、法人化していない場合には融資の審査に通りづらいので、資金繰りに苦労するという場面にも出くわしてしまうかもしれません。それらを回避するためには、しっかりとした専門技術や実績を身につけ、誰に見せても恥ずかしくない経営をしていくことが有効であり、考え方によっては会社を経営するよりも自分自身に対してシビアでストイックな制御が必要なのかもしれません。好きな仕事をしていくからには、それなりの覚悟も必要なのです。