個人事業主の平均年収

個人事業主の平均年収

個人事業主の平均年収

個人事業主の年収は年間の総売上ではなく、売上の総額からいろいろな必要経費を引いた課税所得の金額を、一般的に収入として考えます。そうすると個人事業主の平均的な年収は、おおよそで200万円くらいということになっており、これはサラリーマンの給与所得と比べるとかなり少ない額のように思えます。

 

しかし、サラリーマンの所得税や住民税が給料の金額からほぼ自動的に決まってしまい、源泉徴収によって天引きされるのに対して、個人事業主であれば自分の生活費の一部などもうまく経費として計上することで所得金額を低く抑えることが可能なので、必ずしも生活レベルが低かったり、家計が苦しかったりするわけではありません。

 

もちろん、全く事業とは関係のないプライベートな支出や通常の暮らしの中での食費を経費とするわけにはいきませんが、例えば賃貸住宅に住んでいる個人事業主がその一部を事務所スペースとして使っていれば、使用面積に応じて按分された家賃の金額が経費となり、その分だけ所得金額が下がります。事業をしていてもしていなくても払わなければいけない家賃ですので、このようなケースであればサラリーマンよりも有利だと考えられますね。

 

同じように節税効果のある支出の計上は個人事業主の場合にはいろいろと考えられるので、一般にサラリーマンと比べて見かけの年収は低くなります。したがって、前述の200万円という金額も、サラリーマンが考える年収に換算すると400万円くらいあるかもしれませんし、場合によっては1000万円くらいになっている可能性もあります。ビジネスモデルによって経費の割合も変わってくるために一概には言えませんが、主婦の副業的に個人事業をやっている人もいることを考えると、給料をもらう会社員と比較しても決して収入が低いというわけではないでしょう。