白色申告と青色申告の違い

白色申告と青色申告の違い

白色申告と青色申告の違い

個人事業主が行う所得税の確定申告には白色申告と青色申告の2種類があります。1月1日から12月31日までの収入や支出に関しての会計をまとめて、翌年の3月15日を期日として申告をするのですが、原則として特に申し出をしなければ白色申告を選択していることになります。

 

白色申告をする場合には複式簿記による記帳の義務がありません。そのため、現金や預金の出入りだけを記録していく簡単な帳簿による収支内訳書のみを作成して、総売上から必要経費を引いた事業所得に応じた額の納税をするという仕組みです。

 

一方の青色申告では、複式簿記による記帳が義務付けられていて、日々の帳簿の管理や記帳行為において少し手間が発生してしまいます。しかし、青色を選択することによって特別控除という設定があり、これによって納税額が軽減されるので、多少の手間がかかっても是非こちらを選択しましょう。さらにこの控除額にも2種類の設定があり、簿記の記録が比較的に簡単で損益計算書のみの添付でよい10万円控除のコースと、しっかりした複式簿記の帳簿を作成して貸借対照表も提出する65万円のコースとがあります。65万円の控除を受けられる青色申告を選択するためには、日本商工会議所の簿記検定3級レベルの知識が本来は必要となのですが、パソコンで使える個人事業主用の会計ソフトなどを活用すれば、知識があまりなくても書類作成ができるので、ソフト購入に少しの費用がかかったとしても結局はメリットの方が大きいはずです。

 

何の手続きもしなければ白色申告を選択している状態になります。青色申告をするための届出は開業届を提出するときに同じような簡単な書類でできるので、最初に忘れずにしておけばいいでしょう。後で変更することも可能です。