青色申告(10万円と65万円の税所得控除が受けられる)

青色申告(10万円と65万円の税所得控除が受けられる)

青色申告(10万円と65万円の税所得控除が受けられる)

個人事業主が青色申告を選択すると、帳簿の記録方法が少し面倒になって手間も増えますが、簿記の基本ルール自体はそれほど難しいものでもなく、会計ソフトを使えば簡単にできるので、ほとんどの事業主がこちらを選択しています。なにより特別控除という課税対象額が少なくなる仕組みがあるので、そのメリットを考えて、ぜひこちらを選択しましょう。

 

控除額には2種類があって、その1つは10万円です。これは控除額が少ない分だけ提出する書類も簡単で、作成の手間も少なく、そもそもビジネスの規模が極めて小さいのだという人はこちらでもいいかもしれません。青色申告承認申請書を提出してあれば、売上と経費のみを記入してある単式簿記と呼ばれる記帳方法で問題がなく、資産と負債の額が記載された貸借対照表の作成も不要です。損益計算書も不要であるという説明をする人もいますが、売上と経費の額を現してその結果としての損益から所得を確定していくので、本質的には損益計算書を作成しているのと同じことになります。

 

もう1つは控除額が65万円になるというもので、これによる単純計算で所得税が6万円以上安くなります。これを受けるには複式簿記による記帳が必須であり、ビジネスの成績表である損益計算書と、期首期末における財産の有り様を記録した貸借対照表という2つの書類を作成して確定申告書と一緒に提出します。これらの作成には簿記の知識があった方が望ましいのですが、ソフトを使えばそれほど難しいものではなく、実質6万円の手残りを増やせる方法としては、かなり効率の良い作業だとも言えるでしょう。特に避けたい理由がなければ通常はこちらを選択するべきです。

 

どちらを選択するにしても、白色から青色に切り替えるのは簡単な書類を1枚提出するだけで済みます。作業は少し面倒ですがそれだけのメリットは得られます。