フリーランスの税金

フリーランスの税金

フリーランスの税金記事一覧

個人事業主が払う税金の種類

個人事業主としてビジネスをしている人が支払わなくてはいけない税金にはいくつかの種類があります。確定申告などもあって一番に思い浮かぶのは所得税ですが、これは収入からさまざまな必要経費を引いたあとに、さらにいくつかの控除があったうえで最終的に残る所得に対して、累進課税方式で税額が決まっていく仕組みです。...

≫続きを読む

白色申告と青色申告の違い

個人事業主が行う所得税の確定申告には白色申告と青色申告の2種類があります。1月1日から12月31日までの収入や支出に関しての会計をまとめて、翌年の3月15日を期日として申告をするのですが、原則として特に申し出をしなければ白色申告を選択していることになります。白色申告をする場合には複式簿記による記帳の...

≫続きを読む

青色申告(10万円と65万円の税所得控除が受けられる)

個人事業主が青色申告を選択すると、帳簿の記録方法が少し面倒になって手間も増えますが、簿記の基本ルール自体はそれほど難しいものでもなく、会計ソフトを使えば簡単にできるので、ほとんどの事業主がこちらを選択しています。なにより特別控除という課税対象額が少なくなる仕組みがあるので、そのメリットを考えて、ぜひ...

≫続きを読む

節税対策のコツ

個人事業主であっても法人であっても、事業を進めていくためには節税対策を考えるべきです。不当に所得や利益を少なく見せて税金を安くしようとするのはいけませんが、経費にできるものは経費として計上して、正しい手段で余計な税金を払わないで済むようにしましょう。個人事業主が支払う税金のうちで主なものは売上から経...

≫続きを読む

年末調整

年末調整とは、源泉徴収によって所得税などを給料から天引きされているサラリーマンに対して、1年の最終支払月おいてその過不足を調整する仕組みのことです。本来、所得税は1年間の収入が確定してからその額に応じて決定されるので、極端な言い方をすれば12月31日が終わるまで最終的な金額は算出できないというのが道...

≫続きを読む

加入すべき保険

サラリーマンから個人事業主に転向すると、協会けんぽが国民健康保険になり、厚生年金は国民年金になります。手続きはどちらも住居のある自治体の役所で行いますが、保険料負担が小さくなる代わりに受けられるメリットも小さくなるのが問題です。また、会社に勤めている間は労働災害についての保険も適用されているのですが...

≫続きを読む

源泉徴収

源泉徴収とは、事業主が給料や報酬を誰かに支払うときに、その中から所得税や住民税などを差し引いておき、本人に変わって国や地方自治体に収める制度のことを言います。個人が煩雑な税金についての処理をしなくて済むという点と、行政側が確実に徴収できるという点がメリットだと言われていて、これは個人事業主であっても...

≫続きを読む