個人事業主は審査に通りにくいって本当?

個人事業主は審査に通りにくいって本当?

いつどんな時も圧倒的に信頼があるのは公務員、個人事業主は景気にも左右される

カードローンやお金の貸付審査には、コンスタントに安定した収入があることが原則です。
個人事業主の方は、会社運営資金など、貸付は必ず必要になるので、審査に通らないのではと、不安に思う方がおられますが、会社の規模や安定した収入があれば受かります。

 

個人事業主が貸し付け審査に受かる受からないといったことは、社会情勢の影響を受けやすいです。
たとえば、不景気の場合、収入が不安定になりやすいので、カードローン審査なども通りにくくなります。

 

逆に景気がいい場合は、審査に通りやすくなります。
このようなことからも、景気のいいときにカードローンなど作っておく、貸付を申込み、お金をストックしておくというのも、一つの方法です。

 

安定収入がなくてもある程度まとまったお金があれば、審査に通るのではと思う人も中にはいるかもしれませんが、カードローンなどお金の貸付審査では貸し付け条件に安定収入があることが絶対必要な貸付条件となっています。

 

たとえ多額を稼いでいても、その稼ぎがずっと続くという保証はありません。
水商売などもそうです。

 

儲かっているときは多額が入りますが、いつお店がどうなるのか不安定な面があるので審査は特に難しいです。
職業面で圧倒的に有利なのは公務員です。

 

決して、毎月の給料額は多くありませんが、安定したコンスタントに収入が入るだけでなく社会的な信用度が大きく、すべての面において、平均的に有利です。

 

個人事業主の場合、会社経営が上手くいって儲かっているときは公務員以上の稼ぎがあり、贅沢三昧豪華な生活も夢ではありませんが、あまり儲けがない事業主は公務員よりも厳しい生活をしているのが現実です。