事業ローンを個人のカードローンの返済に充ててもOK?

事業ローンを個人のカードローンの返済に充ててもOK?

事業資金は個人資金とは分けるのが得策

事業資金は、事業運営のために借りたお金なので、プライベートな資金の返済に充ててはいけませんが、実際に、どのようなことに使ったのかを銀行側が把握することはできません。

 

融資金が事業運転資金に使われたのかどうかということが、ある程度わかってしまうのは、融資後に提出される決算書や貸借対象表などです。
これら提出された書類を見ると、原材料の仕入れ資金、人件費、設備費、事務費用などに使われたということが分かりますが、融資してすぐには銀行側も知ることができない上、銀行口座にあるお金の動きまでは把握できません。

 

融資資金が、どこから出資されているから、他の借入金が返済できるわけであり、それが分かるのは明細書などが後に提出されたときです。
銀行側にすると、確かに事業資金として融資しているわけで、後でそういった他の借金に充当されたと分かれば、今後の取引は慎重にならざるを得ません。

 

事業資金は事業資金として、正直に融資を申し込み、正直に事業運転資金として使用しなければなりません。
そうでなかったと知られた場合、銀行側は裏切られたと思い、銀行の信頼を失うことになります。

 

他に個人的な借金がある場合は、事業資金とは別に返済するようにしましょう。
また、このように融資金を個人借金の充当にするという考え方でいると、多重債権に陥る可能性がないともいえません。

 

他に借金があって返済がきついという場合、無理のない長期返済プランに変更するなど、低い返済金額なら、事業資金の金額の一部を当てても、銀行側に知られることもなく行なえるでしょう。
また、自己借金返済をかねる場合、事業資金、設備資金、プライベート資金など、使途自由のローンを利用するという方法もあります。