法人成りを行うとローンの審査は通りやすくなる?

法人成りを行うとローンの審査は通りやすくなる?

事業主として審査を通りやすくする裏技がある

個人事業主がカードローン審査やクレジットカードローン審査に通りやすくする方法として、法人成りを行なうという方法があります。
たとえ、資本金が低くて、社長一人でも、法人がつくれれば審査は個人事業主よりも法人だというだけで、審査基準が甘くなり、圧倒的に有利になります。

 

ローン会社の担当者は、法人である顧客が破産しても責任が問われにくいからです。
個人事業主が、法人という肩書きを持つだけで、ローンなど借り入れ審査が甘くなるので、100%確実にカードがつくれるというわけではありませんが、かなり有利になります。

 

ただし、納める税金は個人事業主でいるときよりもコスト高になります。
また、審査に通りやすくする方法として借金が必要でなくても、普段からお金を借りては期限までに返済するという実績をつくっておくことです。

 

借金がない人生は一生を通じて、自己破産することがないので、これといって悪いことが起こることがなく、安定した生活を送ることができますが、金融機関から見ると、これまでの実績がないので、個人情報面においては信用力に欠け、カードローンなどの審査には不利になります。

 

個人事業主や自営業者は、このようなローン返済の実績がない場合は、ローンの審査には不利なので、将来、自営業をする予定でいる人は、借金が必要なくでも、借金と返済履歴をつくっておく必要があります。

 

法人成りは、個人事業を営んでいて、途中タイミングよく法人化するという方法ですが、会社を組織化することによって、社会的信用度が増し、売り上げ増大、優秀な人材が確保しやすくなるなどメリットが多い反面、法人化するための手続き費用がかかり、帳簿作成など事務処理などが増えるというデメリットもあります。