在庫の増加

在庫の増加

「在庫=資産」を忘れないことが大切

会社の経営維持。拡大のためには在庫管理がキーポイントです。
何故なら、在庫と利益には密接な関係があるからです。

 

在庫が増えると、個人資産が増加しますが、資金面ではマイナスが生じます。
また、ストックしておく場所も必要になるので、倉庫確保代金+金利がかかるの資金面ではマイナスになります。

 

在庫を多く持つことは、様々なリスクがあります。
たとえば、在庫を多くかかえたことにより安く売らなければならなくなり、利益の減少リスクにつながります。

 

また、在庫管理維持費がかかるので、キャッシュ面ではマイナスになります。
反面、在庫を多くもつことのメリットも大きいです。

 

たとえば、在庫が十分あると、商品をきらすことがなく、顧客の要望にこたえることができ、商品をその場で直接手にとり、納得した上で購入してもらうことができます。

 

もし、商品に破損や不具合があっても、すぐに代用品の商品に対応することもできます。
しかし、売れ行き以上の在庫を過剰にかかえてしまうと、商品価値以下の値段で売らないとけなくなる場合が多く、十分な利益を得ることができません。

 

長期間保管することになると、商品の品質劣化は避けられません。
それに、保管しておく金額は大きいです。

 

そうなると,無駄な作業が増えることになり、商品移動運搬代などもかさみます。
長期間、管理しておくだけで、電気代など、気づかない管理維持費が発生します。

 

在庫をかかえすぎた場合、企業の資金繰りが悪化し、商品が売れなければ利益率はゼロです。
このように在庫をかかえるということは、メリットがありますが、リスクも大きいです。
在庫管理が、会社存続、利益の増減には大切なことです。