売上債権の回収遅れ

売上債権の回収遅れ

未回収のリスクは事前に減らす、売上債権の回収

自営業を運営していると、売掛金が回収されないことがしばしばあり、売上金が入らず、資金がマイナスのまま利益は上がりません。
売上債権回収遅れが生じないようにするには、受注を受けた時点で、支払い方法を確認しておくことが第一です。

 

売上債権の回収が遅れた場合、催促状や内容証明書を送付するという方法があります。
売り掛け金の回収が長引けば長引くほど、回収されにくくなるので、早めに回収方法手段を講じなければなりません。

 

売上債権回収の遅れは、どのような理由によって起こるのでしょうか?
大方、商品の値引き、不具合による破損や返品、顧客からのクレームなどによる処理の遅れが原因です。

 

電話やFAXなどの再三の請求催促にもかかわらず回収されなければ、直接、その会社に出向き請求するという方法もありますが、最終的にその会社の商品を買い付け、売掛代金を相殺するという方法もあります。

 

売上金代帳を常にチェックして、支払日が近づくと請求書を送るなど、売上債権回収を遅れないように工夫することが大事ですが、会社での回収負担を減らすために売上金回収代行サービスを利用するのも一つの方法です。

 

こういったサービスを利用すると、面倒な事務手続きや未回収リスクをかなり減らすことができます。
また、内容証明書を送っても売掛金を回収できなかった場合は、裁判になることもありますが、金銭リスクを免れることは避けられません。

 

たとえば、相手の会社にお金がない場合、また、裁判失敗例として、相手が異議を申し立てて裁判がなかなかスムーズに運ばなかった場合です。
地道に支払い催促を行ない続けることが、早くて費用がかからない売掛金回収方法です。