無計画な借入

無計画な借入

無理な返済計画は立てず、計画的な借り入れを

無計画な借入は返済遅延、滞納など返済トラブルの原因になります。
一般的に使い勝手のいいカードローンや政府金融機関などの貸付などから、借金したら返済するというのが借金した側の義務ですが、ただ無計画に借りると癖になり、数社から借りて、とうとう多重債権に陥ることにもなりかねません。

 

年収の3分の1しか借入できないという総量規制によって、多重債権者が減ったものの、カードローンで借入しやすくなったのは利用者にとっては便利ですが、限度額を満たせば何度でも借りることができるので、借り癖がつかないように注意する必要があります。

 

カードローンを上手に利用すると、生活にとても便利なカードですが、借入するときは返済についても考えましょう。
ホームページにある返済シミュレーションで無理のない返済計画を立てると無計画な借り入れ防止になります。

 

返済方法も金融機関によって、リボルビング払い・分割払い・元利返済・元率返済などがあり、様々ですが、翌月一括返済もできます。
自分自身のライフプランにあわせて、毎月無理のない返済方法を選びましょう。

 

借り入れ前に返済方式を確認しておくことも大切です。
一般的には、消費者金融では残高スライドリボルビング払いです。

 

毎月一定額の中に利息分が含まれて返済していく方法ですが、毎月の返済金額が低く、返済が長期間に及ぶので、利息合計額が高くなります。
返済方式としては、翌月一括払いや分割払いの方が利息合計額が安くなります。

 

また、返済途中での繰り上げ返済が可能かどうかも確認しましょう。
余裕金が入り、早く返済することができると、利息合計額が安くなります。

 

また、返済期日を変更できるかどうかも確認しましょう。
消費者金融の場合、大体どこも変更可能ですが、銀行は指定された期日までに返済しなくてはなりません。