金銭管理を怠っている

金銭管理を怠っている

クセづけが大事、支出の管理は日常的に

金銭管理を怠ると、日常生活を続けていくのが困難になります。
子供のころ身についた金銭感覚は大人になってからも続くといわれていますが、収入の範囲内で支出をまかなうという金銭感覚は、一人暮らしをして、自分自身でお金の収支をまかなうという状況になると、身につけられやすくなります。

 

一人暮らしを始めると、公共料金、食費など、様々な生活費が発生し、収入の範囲内で支出するという収支のバランスを考えるようになります。
一人暮らしを始め、収支のバランスを考えられるようになると、浪費癖がある人でも、浪費しなくなりますが収入が少ないのにその範囲内で、支出できない人は、家計簿をつけ何に使っているのかを書き出してみます。

 

そうすると無駄なことに使っていたことなどが分かります。
家計簿帳、PCのエクセルの無料の家計簿サイトを利用するのもいいです。

 

このように、無駄な支出をなくすには何をいくらで買ったのかを書きだすのが一番効果があります。
今では携帯やスマホなど、買ったそのときに書き込める便利なツールがあるので、それらを大いに活用しましょう。

 

何に使ったのか支出を書き留めておくと、後は無駄なものを買わないようになるので、浪費癖がある人は、浪費癖が改善します。
また、収入が少ない人は、クレジットカードを使用することは止めて、使用しても翌月一括払いにするか、その場での現金払い、銀行口座からの引き落としにします。

 

月払い返済方法を撰ぶと、月々の家計には負担がないものの、結果的に利息合計額がかさみ、金銭管理はいつまでも身につきません。
また、正しい金銭管理を身につけていると、周りにいるお年寄りや高齢になった両親にとっても、代わりに安心してお金の管理を任せられる存在になります。