個人事業主カードローン

資金繰りが悪化する理由

利益の減少

事業を運営していると、安定した収入があるときばかりとは限りません。収入が減ると、貸付額増額にも影響します。利益率の減少の原因が、商品販売の場合、売れ行きが悪い商品をいつまでも店頭販売したり、新たな借入金増加による返済額の増加などが挙げられます。売り上げを安定させるのに、定期的な商品分析は欠かせません...

≫続きを読む

在庫の増加

会社の経営維持。拡大のためには在庫管理がキーポイントです。何故なら、在庫と利益には密接な関係があるからです。在庫が増えると、個人資産が増加しますが、資金面ではマイナスが生じます。また、ストックしておく場所も必要になるので、倉庫確保代金+金利がかかるの資金面ではマイナスになります。在庫を多く持つことは...

≫続きを読む

無計画な借入

無計画な借入は返済遅延、滞納など返済トラブルの原因になります。一般的に使い勝手のいいカードローンや政府金融機関などの貸付などから、借金したら返済するというのが借金した側の義務ですが、ただ無計画に借りると癖になり、数社から借りて、とうとう多重債権に陥ることにもなりかねません。年収の3分の1しか借入でき...

≫続きを読む

過大な設備投資

設備投資は会社のスムーズな運営には、必要不可欠な段取りですが、過剰な設備投資は会社の経営に悪影響を与えます。生産性を上げ利益を増やすのに十分な設備投資は欠かせませんが、過度な設備投資は、後々悪影響を及ぼすことにもなります。設備投資する前には、その設備が本当に必要なのか、無理のない設備投資予算を組み、...

≫続きを読む

売上債権の回収遅れ

自営業を運営していると、売掛金が回収されないことがしばしばあり、売上金が入らず、資金がマイナスのまま利益は上がりません。売上債権回収遅れが生じないようにするには、受注を受けた時点で、支払い方法を確認しておくことが第一です。売上債権の回収が遅れた場合、催促状や内容証明書を送付するという方法があります。...

≫続きを読む

金銭管理を怠っている

金銭管理を怠ると、日常生活を続けていくのが困難になります。子供のころ身についた金銭感覚は大人になってからも続くといわれていますが、収入の範囲内で支出をまかなうという金銭感覚は、一人暮らしをして、自分自身でお金の収支をまかなうという状況になると、身につけられやすくなります。一人暮らしを始めると、公共料...

≫続きを読む