他から借り入れをしたときに滞納はなかったか

他から借り入れをしたときに滞納はなかったか

延滞後の申し込みを半年我慢するべき理由

カードローンを利用する時に気をつけなければいけないことは、返済における未払いや滞納、延滞、遅延と呼ばれるものです。例えば、口座引き落としで返済をしている場合、返済期日に使用している口座の残高が引き落とし額未満の場合は当然未払いとなりますので、十分に注意してください。また、自分でATMに行って入金をする場合でも、返済期日までに入金をしなければ未払いになります。

 

そこで気になるのは1回でも滞納してしまった場合ブラックリストと呼ばれる個人信用情報機関に登録されるかどうかではないでしょうか?1回程度の延滞であればたまたま入金していなかったんだなということで、すぐに返済するとそういうところに登録されずに済むことが多いです。そうはいっても、延滞を何度も繰り返していると信用が低下し、返済専用になってしまい現金が引き出せないというようなこともあります。そういう場合は、個人信用情報機関に遅延したという情報が載ることがあります。

 

この情報に掲載された場合はあらゆる会社のカードローンの申し込みで否決される可能性があります。もしカードローンの申し込みに落ちたという場合は6か月以前にローンの返済に遅れたことがあるかどうかを確認するといいでしょう。

 

返済遅延の情報は6か月ほど残っているという風に言われていますので、6か月過ぎてからカードローンの申し込みを行えばいいでしょう。返済遅延だけが問題であれば、その情報が消えるわけですから断然審査が通る可能性は高まります。

 

もし返済期日までに返済することが難しいというのであれば、それまでに担当者に相談をしてみて、返済期日を変更してもらったり、返済額を減らしてもらうなどの対策を取ったほうがいいでしょう。