年収・収入が少なすぎないか

年収・収入が少なすぎないか

年収の高さよりも安定した収入があることが重要

カードローンの審査では安定した年収額が審査の重要なポイントになります。
消費者金融のカードローンに申込んだ場合、総量規制によって、申込者の年収額の3分の1が貸付額となります。

 

平均的な金額は200万円以上となっていますが、カードローン会社によっては、200万円以下のところもあります。
インターネットの簡易審査入力時にうそ偽りの申告をしても、本審査では事実が分かってしまうので、簡易審査だからといって、偽りの金額を入力しないようにしましょう。

 

また、年収額が低くても、毎月、安定した収入があるサラリーマン方が自営業者よりも有利です。
安定した収入というのはサラリーマンなら毎月の給与、自営業者なら売上金などで、競馬・競輪などキャンブルで得た収入は安定収入には入りません。

 

年収額が多いと、申込めるカードローンの選択肢は多くなり、大口融資はもちろんのこと、小口融資でも金利が低く、お得に利用することができます。
安定した収入があることが申込み条件になっていますが、収入がない人でも申込める方法があります。

 

一つは、専業主婦の場合です。
その場合、夫の収入証明書が審査され、30万円までの金額範囲内で、融資を受けることができます。

 

もうひとつは、派遣やアルバイトで、とこか会社に所属していて、今は仕事をしていないけど、仕事をしている状態をつくりだすという場合です。
その場合、必ず、収入が低い人でも申込むことができるカードローン会社を選んで申込みましょう。

 

審査に受かり、融資される可能性が高くなります。
専業主婦の場合、夫の収入証明書が審査されるので、銀行のカードローンの審査に受かる可能性が高いですが、今仕事をしていない派遣社員の人は、審査が甘いカードローン会社に申込む方がいいです。