個人事業主カードローン

審査に落ちた時のチェック項目

申し込み条件を満たしているか

カードローンの申込み審査に落ちた場合、そのローン会社が示す審査基準を満たしていないことが考えられます。カードローンに申込む場合、審査基準を満たしているかどうか、自分自身の個人信用情報、属性などを一つ一つチェックしましょう。まず、貸し付け条件ですが、20才以上、安定した収入があることが最低条件です。毎...

≫続きを読む

事業開始後の経過期間・勤続年数が短すぎないか

事業主がカードローンに申込む場合、収入の安定度が重視され、最低でも事業が1〜2年以上勤続していることが条件です。カードローンの審査書類に本人確認書と同時に収入証明書、2期分の所得税証明書・確定申告書等が必要になるからです。2年経過していても、経営が安定していなければ、カードローンの審査に受かるのは難...

≫続きを読む

年収・収入が少なすぎないか

カードローンの審査では安定した年収額が審査の重要なポイントになります。消費者金融のカードローンに申込んだ場合、総量規制によって、申込者の年収額の3分の1が貸付額となります。平均的な金額は200万円以上となっていますが、カードローン会社によっては、200万円以下のところもあります。インターネットの簡易...

≫続きを読む

事業の業種に問題はないか

事業主がカードローンを利用する場合、返済能力があれば、事業種に関係なく融資を受けることができます。どんな業種でも、安定収入を得ることができない場合は融資を受けることができません。業種が安定するのかといった収益性のある事業の確信はないものの、大手企業とのコラボは安定した収入を得るのに有益です。審査が厳...

≫続きを読む

個人の信用情報にキズはないか

個人事業主がカードローンの申し込みをすると、業者側は審査の過程で個人信用情報機関に登録している内容を確認してから融資可能かどうかの判断をしています。無担保無保証のカードローンにおいて本人の申し込み内容と共に個人信用情報機関の内容が審査において大切なものになります。なぜ審査の時に個人信用情報機関の情報...

≫続きを読む

他から借り入れをしたときに滞納はなかったか

カードローンを利用する時に気をつけなければいけないことは、返済における未払いや滞納、延滞、遅延と呼ばれるものです。例えば、口座引き落としで返済をしている場合、返済期日に使用している口座の残高が引き落とし額未満の場合は当然未払いとなりますので、十分に注意してください。また、自分でATMに行って入金をす...

≫続きを読む

書類に不備はないか

カードローンの申し込みで落ちる人の中には普通に申し込めば何もマイナスに当たる部分が無いにも関わらず、なぜか審査に落ちる人がいます。その要因として考えられることとして申込書の不備が考えられます。まともに申し込んでいれば融資を受けられるにもかかわらず、申込書の不備がある場合にはまともに審査ができるわけで...

≫続きを読む