カードローンの活用例

カードローンの活用例

クレジットカードと比較、カードローンを上手に利用する方法

カードローンといえば、誰でも気になるのが利息です。
消費者金融の利息は、日割り計算されるので、早く返済するほど、利息分が低くなります。

 

無利息期間のカードローンを上手く利用すると、その期間の利息がつかないので、借りる金額が大きいと、さらにお得です。
無利息期間付のカードローンは、初回のみというのが、ちょっと残念な気もしますが、1週間、何度でも繰り返し利用でできるのもあるので、サラリーマンなら、給料日の数日前に利用するのがベストです。

 

たとえば、給料日の5日前に10万円借りたとします。
年利が18%とすると、5日間で利息が約400円、通常利息期間があるものでも、すぐに返済すると、利息は安くつきますし、無利息期間つきのカードローンを利用すると、利息分の400円がつかないので、お得に利用することができます。

 

また、カードローンはたびたびクレジットカードと比較されます。
どちらも生活していく上で、お金の便利ツールには違いありませんが、現金を手にできるか、手にすることなくお金の決算が行われることについては、大きな違いがあります。

 

現金を手にすることがないクレジットカードは、限度額を満たせば、何度でも商品を購入することができ、利息額が増えるだけというデメリットだけが目立つようになります。

 

それに比べると、カードローンは現金を手にできるので、借り入れにセーブがかかりやすいというメリットがあります。
また、カードローン2枚持ち合わせるというのも便利な使い方です。短期間のキャッシング用、長期間で高額用のカードローンというふうに使い分けると上手く使うことができます。
その場合、銀行、消費者金融系、信販系と数社、別々の金融機関のカードよりも、できるだけ銀行だけでカードを数枚揃えておくのがいいです。