審査に受かりやすいカードローン

審査に受かりやすいカードローン

比較的審査に通りやすいカードローンはこんなところ

金融会社別で見ると、消費者金融のカードローンの審査基準が甘い傾向にあるので受かりやすいです。
銀行は審査が厳しく受かりにくいといわれていますが、銀行でも審査を消費者金融に委託している銀行は、審査に受かりやすい傾向にあります。

 

貸し付け条件別に見ると、未成年者はどこの金融機関でも、申込みはできません。
収入がない人、収入があっても安定した収入がない人、返済能力がない人はヤミ金でも融資を断られます。

 

安定収入があるということは、カードローンを申込むのに不可欠な最低条件です。
たとえ、審査に受かりやすいカードローンでも、安定収入がないと、審査にパスできません。

 

その他、その人の属性についての審査基準のランク付けが低いカードローンに申込むと、審査に受かりやすいです。
たとえば、まず年齢は、20〜70才までが一般的です。

 

20〜30代の働き盛りの人、過去の借入状況に返済延滞などの金融事故がないクリアな人が受かりやすいです。
既婚者と独身者では、返済能力に長けている独身者の方が有利です。

 

既婚者の場合、何かと支出が絡むので、返済が滞ることがあると考えられてしまいます。
持ち家か賃貸か、どちらに住んでいるかによっても、返済に大きく関係してきます。

 

今の勤務形態が正社員だと、断然有利ですが、パート・アルバイトの人でも申込めるカードローンを撰ぶと審査に受かりやすいです。
審査がゆるいといわれている消費者金融のカードローンを申込んでも、審査にパスできなかった人は、中規模、小規模のカードローンに申込むと審査にパスしやすいです。

 

銀行、消費者者金融、中・小規模のローン会社と段階的に申込むのもいいですが、初めから審査に自信がない人は、中規模・小規模のローン会社に申込むのがベストです。