保証人が要らないカードローン

保証人が要らないカードローン

保証人不要のカードローンのメリットとデメリット

担保、保証人が要らないカードローンは、融資額が、50〜100万円までのところが多いので、急な少額融資に向いています。
生活費や自営業の場合でも、比較的、小規模経営の運転資金などに適しています。

 

どのような審査基準になっているのでしょうか? 
保証人が要らないカードローンは、個人信用情報機関の個人情報、申込者から提出された書類を元に、勤務先、勤続年数など本人の属性、年収額など審査し、貸したお金の返済能力、その人の信用度が審査されます。

 

保証人不要のカードローンでも保証人を求められる場合がありますが、その場合は遠回しに融資を断られていると解釈できます。
保証人不要というカードローンは、手軽で便利に借り入れできるというのがメリットですが、手軽に借り入れすることができるので、借金癖が付くというデメリットがあります。

 

お金を借りると返済義務が生じますが、保証人要、不要にかかわらず、借金をしたという時点で、返済というデメリットを背負ったことにもなります。
借金のデメリットを減らすには、一括で返済するか、返済途中で繰り上げ返済するかのどちらかです。

 

カードローンそのものの金利は高めに設定されていますが、保証人不要のカードローンは通常よりも高めに設定されています。
これは、お金を貸す側に返済されなかった場合のリスクを考えられているからです。

 

また、保証人不要というのは、保証会社がその金融機関を介して、申込者を保証しています。
このようの、一見、保証人不要のカードローンは、手軽に申込むことができ、消費者にとってメリットだけが前面に押し出されていますが、信用力を有していることが必要になり、利息も高めに設定されているのでデメリットも大きいので注意する必要があります。