個人事業主カードローン

目的別

低金利で借りれるカードローン

カードローンを選ぶときのポイントは、限度額や会員サービスなど人によって、さまざまですが、一番のポイントに考えられているのは、金利の安さです。金利の安さで選ぶのなら銀行系カードローンです。最低金利4.5%〜は、消費者金融と銀行は、どこもだいたい同じですが、上限金利設定に違いがあります。銀行は15.0%...

≫続きを読む

ATM手数料無料のカードローン

今では手軽で便利に借り入れすることができ、個人申込者に限らず、個人・法人事業の資金繰りにも大変重宝するカードローンですが、お金の取引時に気になるのが、ATMでの取引を選択した場合にかかるATM手数料です。ネットバンキングを利用して金融機関指定口座に振り込むと手数料は\0になりますが、町に設置されてい...

≫続きを読む

開業資金のためにカードローン

会社を設立開業するのに、資金調達は欠かせません。一般的に、会社の規模にもよりますが、最低300万円くらいは必要で、500万円、1000万円あると理想的な余裕資金とされています。オフィス事務所用品の机やイス、コピー機、書類棚など、社内の設備投資資金だけでなく、会社を興してしばらくの間は収入が安定しませ...

≫続きを読む

設備投資のためにカードローン

事業を開業するには、まとまった設備投資資金が必要になり、その場合にもカードローンが大いに役立ちます。設備資金は、オフィスレンタル代金、内装外装工事費、オフィスの事務関連物品購入費など、会社の規模にもよりますが、カードローンを利用するのには、融資される金額が低いので、個人事業、小企業向けといえます。売...

≫続きを読む

運転資金のためにカードローン

運転資金とは、会社経営に伴う経費全般のことで、店舗経営なら商品の支払いや現金支払い、買掛金、手形決済など、会社経営を継続していくための資金、運転資本とも呼ばれています。運転資金は長期的に必要になるものと短期間必要になるものとがあります。長期は経営上必要になる資金全般、短期間では、決算時、従業員の給与...

≫続きを読む

生活費のためにカードローン

生活していくためにはお金が必要ですが、生活費がピンチの時もカードローンが大いに役立ちます。生活費は、小額を利用することが多いですが、利用限度額枠さえ満たせば、何度でも繰り返して使うことができるカードローンは、身近で便利なツールになっています。カードローンを利用するのにも、予め、生活費がピンチのときに...

≫続きを読む

保証人が要らないカードローン

担保、保証人が要らないカードローンは、融資額が、50〜100万円までのところが多いので、急な少額融資に向いています。生活費や自営業の場合でも、比較的、小規模経営の運転資金などに適しています。どのような審査基準になっているのでしょうか? 保証人が要らないカードローンは、個人信用情報機関の個人情報、申込...

≫続きを読む

限度額が大きいカードローン

借り入れ限度額が大きいカードローンは、個人よりも会社経営者向けといえます。また、自分が希望する限度額のカードローンを選んで申し込んだとしても、その限度額を利用できるとは限りません。申込んだ金融機関で、審査が行われ、最終的に限度額が決定されます。限度額が大きいカードローンの特徴は、長期間の返済が可能で...

≫続きを読む

審査に受かりやすいカードローン

金融会社別で見ると、消費者金融のカードローンの審査基準が甘い傾向にあるので受かりやすいです。銀行は審査が厳しく受かりにくいといわれていますが、銀行でも審査を消費者金融に委託している銀行は、審査に受かりやすい傾向にあります。貸し付け条件別に見ると、未成年者はどこの金融機関でも、申込みはできません。収入...

≫続きを読む